【宿泊レビュー】鬼怒川温泉あさやホテル ★管理人おすすめホテル

 あさやホテルは、日光の鬼怒川沿いにある、約130年の歴史を誇る旅館である。

 ここのホテルは、バイキング形式の食事が充実しており、屋上にある露天風呂も豪華だ。

 部屋は、大きく分けると「八番館」と「秀峰館」の二種類あり、八番館は和室、秀峰館は和洋室の少しリッチなタイプの部屋だ。秀峰館の最上階にある「雅」という部屋は、部屋に温泉が付いており、ブルーレイプレイヤーもあって、バイキング付きの宿泊料金は約34.000円~44.000円程度だ(料金は前後あり)。

良い点と悪い点

良い点:

 ・質の高い料理のバイキングが極めて充実している

 ・リーズナブルな宿泊料金なのに従業員の教育が行き届いており、高級ホテルのような良質なサービスが提供されている

 ・館内が非常に綺麗である

 ・遊戯施設が充実している

 ・宿泊者参加型のレクリエーションが楽しめる

悪い点:

 ・標準10:00チェックアウト

 ・露天風呂の浴槽が狭め

 ・部屋から見える景色が殺風景

充実した食事

 冒頭で書いたように、ここのホテルの目玉はバイキングだ。

 ホテルのバイキングだと、品川プリンスホテルのハプナのように余り美味しくない所もあるが、あさやホテルのバイキングはどの料理も質が高いものになっている。他の客の迷惑になるので写真は撮らなかったが、広いバイキング会場には、和洋中総勢100種類以上の料理がずらりと並ぶ。デザートも豊富にある。

 しかも、時間制限は無く(混雑時は90分になる)、心置きなく食を楽しめる。潰瘍性大腸炎だが、これだけ豊富にあると自分が食べられる物をチョイスしながら食事を愉しめるので、嬉しい。

 また、各テーブル毎に料理人(料理長かもしれない)の挨拶もある。ホスピタリティ精神がすごい。

鬼怒川温泉駅からバスが連絡。徹底したサービスも。

 ここのホテルは直行バスは無いが、鬼怒川温泉駅からホテル巡回バスがあり、浅草駅から特急で約2時間程度で訪れることができる。

 車の場合は、玄関で係員が丁寧に配車してくれる。帰る時もドアを閉めてくれる程の親切さ。手厚いおもてなし精神だ。

充実した遊戯施設。ビンゴ大会がある。

 ここのホテルは、温泉旅館によくあるゲーセンと卓球に加え、ビリヤードも楽しめる。折角なので筆者たちはビリヤードをプレイした。推測だが、ビリヤードができる旅館は少ないのでは。

 

 バーも安いものから高いものまで3つあり、個室カラオケもある。遊戯施設は綺麗にされている。

 夕食後には、宿泊者限定のビンゴ大会なるものが行われ、チェックイン時に渡されたビンゴカードを持って、大宴会場で楽しめる。景品も、子供のおもちゃから家電まで用意されている。

部屋から見える景色が殺風景

 部屋は130年という古さを感じるどころか、リノベーションしたのか分からないが、大変綺麗である。

 だが、部屋から見える景色は鬼怒川沿いである故、古びた旅館が目の前に見えて、殺風景である。部屋にも温泉があるが、こんな殺風景だと極楽気分には欠けてしまう。

 「雅」という部屋は豪華で綺麗だが、それ以外の秀峰館の部屋はホームページを見る限りだと、社会福祉経験のある筆者からするとサービス付き高齢者住宅のような感じにしか見えず、旅館にしては華やかさに欠ける。一方で、八番館の部屋は、どれも綺麗な和室で、旅館の雰囲気があって良さそうな感じだ。

大浴場は浴槽が狭く混雑気味

 ここのホテルは夜空を楽しめる屋上の露天風呂も目玉の一つだが、浴槽が狭いので、混んでいる時は中国の大衆プールのように入浴者でぎっしりとなり、入れるスペースが無い。風呂に入れてもすぐ出なければならず、混雑期に大浴場で温泉をゆっくり楽しむことは難しい。

 温泉は個室にある風呂か、貸切風呂の方が、カップルでもゆっくり温泉を楽しめると思う。

総評:素晴らしいホスピタリティ。特に食べるのが好きならお勧めしたいホテル。

 バイキングが非常に充実しているので、美味しい食事を満腹になるまで食べ尽くしたいという、あなたが彦摩呂のような美食家ならお勧めしたいホテルだ。

 ただ、他の一般的なホテルや旅館で11時アウトが多い中、ここは通常10時チェックアウト(2.200円追加で11時アウト可能)なのと、大浴場が狭い為、ゆっくりチェックアウトしたい人や温泉を楽しみたい人は、リッツカールトン日光など、違うホテルの方が良いかもしれない。チェックアウトでは、ロビーに沢山の宿泊客がおり、ソファーに空きが無いほど混んでいた。

 バイキングに目が行きがちだが、筆者はここのホテルのスタッフは上記のようにサービス精神が徹底されており、ホテルのホスピタリティは素晴らしいものがあると感じた。客が何を求めているか、それを瞬時に判断できる力が優れているし、マニュアル以上に自発的に行動できるスタッフが多いと感じた。教育がしっかりしているのだろう。子どもやファミリー向けのビンゴゲームがあったり、他の旅館では見かけないビリヤードなど多様な遊戯施設があり、娯楽施設も充実している。

 この良質なサービスで3万~4万円。高級ホテルにあるサービス料は求められないにも関わらずだ。こういった能動的なサービス精神を、以前レビューした5つ星ホテルのキャピトル東急も見習って欲しいと、この記事を書いてふと思いついた。

※あさやホテルホームページ:https://www.asaya-hotel.co.jp/