【宿泊レビュー】ザ・キャピトルホテル東急(エグゼクティブスイート)(The Capitol Hotel Tokyu executive suite accommodation review)【7/24追記】

 赤坂にあるザ・キャピトルホテル東急は、現在でも多くの著名人や政治家が愛用する有名なホテルだ。ここのホテルは、2008年から2010年の間にリニューアル工事された。

 筆者たちが泊まったのはエグゼクティブスイート。ガーデンスイートと迷ったが、ガーデンは5階にあり、景色が楽しめないと思ったので、エグゼクティブにした。チェックイン・チェックアウトはラウンジで行い、ラウンジと同じフロアにあるスイートルームに案内される。

 なお、このレビューは「写真の追加と何が駄目だったのかを具体的に追記して欲しい」という読者からの要望があった為、2021年7月に追記している。

(The Capitol Tokyu Hotel is located in Akasaka and is still a luxury hotel visited by many celebrities. Renewal work was carried out between 2008 and 2010. We stayed in an executive suite.)

良い点と悪い点(Good points and Bad points)

良い点(Good points):
 ・溜池山王にある日本の高級ホテルで、特に海外の知名度が高い(A high-profile overseas.)

 ・部屋は外部の音が全く聞こえない極めて静粛性の高い構造(Very quiet room.)

 ・綺麗で新しい部屋(New room renewed.)

 ・コーナールームなので、東京を半周する景色を楽しめる(Corner room with views of Tokyo can enjoy.)

 ・ハード面が充実しており、TV、トイレ、冷蔵庫、音楽プレイヤーがそれぞれ2つずつ設置(The executive suite has two TVs, two toilets, a refrigerator and two music players.)

 ・スイートルームはゲランなど高級なアメニティが備えられている(The suites are equipped with luxury amenities such as Guerlain.)

 ・13:00チェックアウト(Late check-out is possible in the suite.)

悪い点(Bad points):
 ・5つ星ホテルであるが、その割にサービスが雑で、例えば従業員の説明が少な過ぎて、ホテルのシステムや設備の使い方が分かりにくい。後述するが、リッツやパークハイアットなどのようなマニュアルに囚われない洗練されたサービスとは程遠い(The quality of service provided by employees is not good. It will be explained in detail later.)

 ・宿泊料金が高め(クリスマスで約30万円、通常期で13万円程度)(High room rates.$ 2,720 for Christmas.$1178 in normal season.)

 ・スイートルームの割に素朴な部屋の内装で、面白味に欠ける質素なリビングのインテリア(The interior of the room is simple for a suite. Design of the room lacking in fun.)

 ・広い部屋の割にエアコンの性能が悪い(The performance of the air conditioner is poor.)

 ・フィットネスクラブのプールの温度が冷たい(Despite the winter, the temperature of the pool was cold.)

 ・ラウンジの食事が微妙(The food served in the lounge is not delicious.)

ウェットフロア(Wet floor)

 ウェットフロアはやや柔らかい素材で、床の触り心地が良い。濡れてもすぐ乾くようになっている。セルリアンタワー東急は古いタイル式だったが、ここは新しくなっている。アメニティはゲラン。ターンダウンがあるが、ゲランは高いからか補充は無し。トイレは2箇所ある。(The wet floor is beautiful. Because the renewal work was done.The floor feels soft.)

ベッドルーム(Bed room)

 寝室。スイートルームはリビングと寝室が独立している。個人差かもしれないが、ベッドがやや固めで寝づらい印象。テレビはリビングと寝室の2台設置されている。

 帰る時に知ったが、寝室のカーテンはベッド横の電話にあるスイッチで操作できる。こうした設備の操作方法は部屋の案内時に説明して欲しかった。(The bedroom curtain can be operated with a switch next to the bed. However, we did not tell it from the staff at check-in.)

部屋から見える景色(View from the room)

 コーナールームのスイートルームで、景色を様々な角度から楽しめる。東京を半周できる景色を楽しめるのは良かった。(Hie Shrine can be seen below, and Shinjuku can be seen in the back.)

You can also see the Parliament building.

 

The Ritz-Carlton Tokyo can be seen from the window.

部屋の設備(About room equipment)

 ドリンクは、TWG紅茶、ネスカフェ、豆から挽くコーヒーがある。(There is TWG tea and coffee beans.)

 

 豆から挽けるコーヒーの淹れ方ガイド。残念ながら潰瘍性大腸炎でコーヒーが飲めないので、こちらは使用しなかった。

 

 冷蔵庫も2台置いてあり、どちらも同じ種類のドリンクが入ってある。全て有料だ。(All things that are in the fridge it takes money.)

 

 部屋のテレビは外部による接続が可能で、ブルーレイプレイヤーもある。最近再び観ている『化物語』のブルーレイを持ってきたので鑑賞。

 クリスマスなので、ハリウッドザコシショウのDVDでも再生しようかと思ったが、流石にそれはキャピトル東急に対する品が無いような気がしたのでやめた。

(We watched an anime called “Bakemonogatari”.)

 

 ハード面は充実している。音楽のプレイヤーも2台あり、Bluetoothで接続可能。空気清浄機もリビングと寝室の2台。

 結局、トイレと冷蔵庫とテレビとプレイヤーと空気清浄機がそれぞれ2台ずつ設置されているスイートルームだ。入口付近にもイスとテーブルがあるが、これは余計だと思う。

(There were also two air purifiers.)

極めて高い静粛性(It is a very quiet room!)

 音が外部から完全に遮断されており、部屋は非常に静かで静粛性は極めて高い。全く外の音が聞こえないので、静かな時は耳鳴りする程だ。天井も高く、圧迫感が無い為快適である。これだけ遮音性が高いと酔っ払ってカラオケしても外に漏れる心配は無いだろう。

(The room is so quiet that no sound leaks even if you make a loud voice.)

食事はイマイチ(Meal is not tasty.)

 ラウンジに近い為、ラウンジで軽食や食事が好きな人は好きな時に気軽に行く事ができる。筆者は余り食べることができないので、嫁が行ってきたが、あんまり美味しくなかったらしい。5階にガーデンスイートもあるが、チェックアウトの手続きを行うラウンジから遠いので少々面倒。(The executive suite is close to the lounge. I couldn’t eat because of ulcerative colitis, but my wife ate in the lounge instead. My wife said, “The food wasn’t delicious.”)

 朝食はルームサービスにしたが、スクランブルエッグにして貰った卵料理は美味しかったが、それ以外は固く冷めていて微妙な味だった。(Breakfast was eaten by room service. The egg dish was delicious, but the other meals were hard, cold and not delicious.)

プールは冬なのに有り得ない程冷たい(Pool was cold though it is winter.)

 とても気になった点としては、これはスイートルームのレビューではないが、フィットネスジムのプールの温度が非常に冷たかった点。

 宿泊したのは冬だったが、冬としては有り得ない程の冷たさで、プールサイドにあるジャグジーバスで温まりたくなった。(The pool was cold, so I went into the poolside jacuzzi to warm myself up.)

部屋は広いが、広すぎて移動が大変という事は無い(The room is large, but not too large.)

 スイートルームは100㎡以上あり、2人の宿泊だと広いが、リビング、ベッド、ウェットフロアが循環するように部屋の間取りがされている為、広すぎて持て余してしまうという事は感じない。だが、広い割にエアコンの性能が良くなく、余りきかないので適切な温度になるまでかなり時間がかかった。(The executive suites are over 100 m². It feels wide when staying for two people. However, since the arrangement of each room has been circulation, I do not think too wide.)

 また、これだけリビングが広いのだから、例えば「部屋でパターの練習ができる」とか広いリビングを何か違う用途に活用できるように工夫したり、しかもリビングのインテリアがスイートルームらしからぬ質素さで詰まらないので、マンダリンオリエンタル東京やパークハイアット東京のスイートルームのようにもっとインテリアに「遊び」の要素や「華」があっても良さげな印象を受ける。ここがもし寝室で、眠りに集中させる為に敢て質素なインテリアにしているなら未だしも、ここはスイートルームのリビングなのに素朴な内装なのはスイートルームとしては頂けない。(Despite the suite room, the interior is frugal is dissatisfaction. Compared to here, Park Hyatt Tokyo suite is a glamorous than here.)

 2人ならもっと小さい部屋で良いと思うが、トイレが2箇所あるのは潰瘍性大腸炎の患者としては恩恵を感じる。(However, having two toilets was a satisfying room for patients with ulcerative colitis.)

 ちなみに、7月の追記時に久しぶりにキャピトル東急の公式サイトを見たら「ワーケーションスイート」というトレーニングマシン付きルームが新しく造られた模様。これなら家でも良いような気もするが・・・。

(詳細:https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/room/76306/index.html

せっかくなのでドローンを飛ばして遊んでみた。(We flew the drone and played.)

 本当はドローンにプレゼントを紐で繋いでベッドルームからサプライズプレゼントする予定だったが、重すぎて持ち上がらなかったので広い部屋で遊ぶことにした。正直、どうでも良くなっていて、半ばやけくそ気味だった。

総評:クリスマスで30万円もする5つ星ホテルとは思えない大変残念なサービス。ビジネス利用ならラウンジ無しのもっと安い部屋で良い。記念日ステイなら他所のホテルに泊まろう!(Summary)

 筆者はクリスマスステイとして気合いを入れて高額なスイートルームを取ってみたが、残念ながら満足いく結果には至らなかった。どうやら気合いを入れすぎて、空振りしてしまったようだ。

 高額な宿泊料金を設定するのであればそれ相応の高度なサービスが求められる、これが筆者のホテルに対する考え方だ。1泊30万円(クリスマスだったのでこの値段)という超高額な宿泊代を鑑みると、勉強不足な従業員が多いのとホテルのサービスの物足りなさが浮き彫りになる。勿論、熱心なスタッフも居るが、なんだかボケている従業員が多かったのは甚だ残念な限り。ビジネスホテルなら未だしも、高額な宿泊代なのだから「コロナの影響」は言い訳にはならない。

 その酷いサービス。例えば、帰りのラウンジでは隣に子連れの夫婦が座っていたが、スタッフは赤ん坊を無視しマニュアル通りのサービスを続ける様子も見受けられた。昔食事に行ったリッツカールトン東京は、子供へサービスをするのが上手だったと思う。筆者たちも、初めて来たのにラウンジや部屋の説明は一切無く、「分からなければ聞いてね」という感じで困ってしまった。ラウンジに入った時に「これは選択肢間違えたかもな」と察したが、その通りだった。高いスイートルームを取ったが、嫁はホテルよりドローンの方が楽しかったらしく、家でも良かったなと思った。

 また、スイートルームは全体的にブランドのアメニティや小物が多く、人の手では不可能なサービスの不足をブランドもので補っている印象を受けてしまう。社会福祉学の世界では「綺麗すぎる老人ホームは入居を勧めるな」という事をよく学習されるが、綺麗な施設ほどサービスに金をかけられない、飽くまでも傾向の話だが、そういう事が実際にある。確かにホテルの施設は綺麗だが、サービスは値段を考えると微妙である。これが到底5つ星ホテルのサービスとは思えず、このぐらいのサービスなら、ラウンジも必要なく、政治家のようにビジネス利用でラウンジ無しのもっと安い部屋で十分だろう。

 上記してきたように部屋が極めて静かで、ハード面が充実しているので、政治家のようにビジネス利用であればサービスの質は関係無いので問題ないだろう。ここのホテルならラウンジ無しの5~6万円台の部屋を狙うべきである。安い宿泊代ではないので、宿泊目的とサービスを比較してよく考えて検討すべきだろう。

 どんなに高級なホテルも、家には勝てないと思う。ニューオータニやオークラは宴会主流のホテルの為、サービスは余り良くない。だが、リッツやパークハイアット東京のようなホテル独特の世界観を創り上げ、能動的かつより高度で洗練されたサービスを提供するホテルも存在する。高級ホテルでない旅館でも、例えば昔泊まった鬼怒川温泉あさやホテルなどは、サービス料など掛からない格安な宿泊代にも関わらず、能動的なサービスを提供できていた。名門ホテルを名乗るのであれば、そうした良質なホテルを見習って欲しいところだ。

 以上の理由から、記念日ステイ目的で手厚いサービスを受けたいのであれば、キャピトルの隣にあるリッツカールトン東京や大手町にある星のや東京や2021年の夏に宿泊したパークハイアット東京などの他のサービスが充実しているホテルを勧めたい。

 だが、海外の知名度は高いので、もし周りに外国人の友達がいるなら、ビートルズやボウイや渡哲也などが利用した名門ホテルに宿泊したという自慢話にはなるだろう。

(This hotel is more expensive than other luxury hotels. The service is poor and expensive.

For example, many employees were unmotivated, there were few hotel guides, and we couldn’t understand what to do. At check-out, there was a couple with children next to us in the lounge, but they were ignoring their children. Compared to this, the Ritz-Carlton Tokyo service for children was good.

If you’re staying on an anniversary, you should choose another hotel. I recommend Park Hyatt Tokyo. (Accommodation review of Park Hyatt Tokyo I wrote)

However, the Beatles and David Bowie have stayed at hotels in the past, so if you stay at this hotel, you can brag to your acquaintances.)

ホテルのHP:https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/

(HIROKI)