ゴーン本人が逃亡の経緯を語る映画『カルロス・ゴーン最後のフライト』が面白すぎる!【ヒロキネマコラム第76回】(“Carlos Ghosn’s Last Flight” Movie review from Japanese perspective)

※This is a movie review of “Carlos Ghosn’s Last Flight”. The English translation version is posted below the Japanese version on this page. Please scroll down.

 『カルロス・ゴーン 最後のフライト』は、2019年12月29日に起きたゴーン逃亡事件の詳細を描いたドキュメンタリー映画だ。日本ではこれまでもゴーン逃亡に関する報道は何度もされているが、本作が特質的な点はなんと事件の当事者である元日産・ルノーCEOカルロス・ゴーン本人が主演として出演しているという点だ。レバノンで生活を送るゴーンは限られたメディアや実業家以外の接触を拒否してきたが、ドキュメンタリー映画として本人が出演し事件の経緯を語るのはこれが初めてである。

 本作は、イギリスのBBC、中東のMBC、フランスの「アレフ・ワン」が共同製作し、ゴーン本人に出演を打診し、製作することが叶った(「カルロス・ゴーンがカメラに向かい潔白を主張。それでも話題のドキュメンタリーが中立である理由」)。本作の登場人物も中々興味深く、ゴーンとキャロル夫人から、同じく逮捕されたグレッグ・ケリーに、ルノーの元取締役会長、日産の外国人顧問弁護士に、ゴーンの弁護人だった弘中惇一郎と高野隆、日本の元検事など、一連の事件に関わった人物がほぼオールスター出演している。ただし、日本人の日産関係者の出演は皆無だ。

 映画は、前半はゴーンの半生を、後半はゴーンの逮捕と逃亡に至るまでの経緯を描いている。(筆者は逃亡ではなく「脱出」と考えているが、日本では逃亡が浸透しているのでこの記事では逃亡で記す)

 だが、この映画の最大の見所は何と言っても、ゴーン自らが明らかにした逃亡方法についてである。保釈後のゴーンが、関係者(推測するに支援者と思われる)からの「このままだと日本で15年間も収監される事になる」という警告から、逃亡を決意し箱に入って実行するまでの流れを追跡する。ネタバレになるので詳述はできないが、筆者はセキュリティが厳しい日本でゴーンが脱出に利用できるツールを入手できた事に様々な疑問を抱いていたが、この映画でゴーン本人が全て種明かしをしてくれているので、中々面白い。まるでハリウッド映画みたいだが、全て現実である。

 私はゴーンを支持している立場なので日本におけるゴーンに対する根拠のない疑惑を晴らす為に少しネタバレしてしまうと、劇中のゴーン本人の証言で弁護団やキャロル夫人が一切関わっていないという事が暴露され、弁護団が逃亡に加担していたという意味不明の憶測やレバノン到着後に特捜部が夫人に逮捕状を取ったという頓珍漢な行為が、全てナンセンスであった事もこの映画で判明する。

 また、映画はゴーンの成功者としての半生を追うと同時に、ゴーンの米国経営的な手腕から人望を失っていった事も描かれている。ご存知の通り、ゴーンは過剰生産の抑制として90年代末に日産で工場を閉鎖させ、日産が大企業へ成長する一方で失業者の数も増え、また敵も増えていった。劇中の「CEOであればゴーンに対する日産の調査が入れば事前に知らせてくれる人間が居たかもしれないが、そんな人間は居なかった」という台詞がゴーンの人望の希薄化を表している。日本企業の多くが「帰属意識」を重視する中、ゴーンの経営最優先の考え方に、日産内部で反感を抱く者が出始めた事も映画で描かれている。

 映画は、被疑者を有罪と決めつけ、長期間に渡り身柄を拘束する日本の司法制度についても疑問を投げかけている。ゴーンを巡る一連の事件は、日本ではゴーンが日産に被害を与えた「加害者」と考える者が多いが、日本以外の国々(私の知る限りではフランス、アメリカ、イギリス、ブラジル、レバノンなど)はフランス政府と日産の対立にゴーンが巻き込まれた「被害者」と把握している者が多い。第一、経営難に陥っていた日産を大企業にのし上げた功績として受け取る予定であった莫大な退職金を私邸建設に「私的に使用」したのが犯罪かと言われると意味不明だし、明確な根拠のない理由で長期間に渡り身柄を拘束する事自体、れっきとした人権侵害である。なお、こうした人権無視の日本の司法制度は、2020年11月に国連の人権理事会から「恣意的な拘禁」に当たるとして非難されている(Ghosn’s Arrests Called ‘Extrajudicial Abuse’ by UN Panel)。

 検察は、そうした時代錯誤な司法制度を改めなければ、ゴーンを追及しようとしても逆にゴーンが海外から英雄視されて逆効果になるだけである事に早く気付くべきである。

 私は、2018年に起きたゴーン追放騒動は、90年代に起きた松竹の奥山和由追放騒動に類似していると見ている。奥山は松竹にいた敏腕の映画プロデューサーで、北野武を映画監督にデビューさせたり、FFEという現在のクラウドファンディングの先駆け的資金調達方法を立案した人物だ。彼は1994年1月に突然、松竹から「映画の企画立案で会社の資金を使いまくった」として解雇された。だが、映画界に多くの人脈を持ち、大胆な企画立案できる奥山が居なければ、北野武が映画監督としてデビューする事は無かったし、テレビの普及から斜陽化していった日本映画界における功績は非常に大きい。それにも関わらず、家族経営を好む保守的な松竹から一方的にクビにされた。

 日本は帰属意識を優先するあまり、才能ある社員は「うざい」と思われてどんどん追放されてゆく、極めて保守的で閉鎖的な社会だ。私はアメリカに住んでいた経験があるのでよく知っているが、これはアメリカやフランスなど他所のまともな国々ではあり得ない事である。ゴーン追放騒動は、この奥山追放騒動にとても似ていると思わないか?

 ゴーンの半生、日産の裏切り、そして逃亡。映画は世界的に遅れている日本の司法制度についても疑問を投げかける。この映画を観ると、日本が世界的に時代錯誤な社会にあって、どうにもゴーンの言い訳だけで片付ける事ができないと思ってしまうのは、筆者の海外生活が長いからか。この映画を観ると、ゴーンを取り巻く各国の視点が解ってくると思う。(了)

『カルロス・ゴーン 最後のフライト』は9月27日からU-NEXTで配信中:https://video.unext.jp/

The following is the English translation of this article

“Carlos Ghosn: The Last Flight” is a documentary film detailing the Ghosn escape incident that occurred on December 29, 2019. In Japan, there have been many reports about Ghosn’s escape, but the decisive difference between this work and the past is that Carlos Ghosn himself, who is the party to the case, is starring. This is the first time that he has appeared in a documentary film and talked about the circumstances of the incident.

This work was co-produced by the BBC in the UK, MBC in the Middle East, and “Aleph One” in France. The characters in this film are Ghosn, Mrs. Carroll, Greg Kelly, former Chairman of the Board Renault, Nissan’s foreign attorney, former Ghosn lawyer Junichiro Hironaka and Takashi Takano, and former Japanese attorney. However, there are no Japanese Nissan officials.

The first half of the movie depicts Ghosn’s half-life, and the second half depicts the process leading up to Ghosn’s arrest and escape.

The main attraction of this movie is the escape method that Ghosn himself reveals. After being released on bail, Ghosn will follow the process from receiving a warning from a person concerned that he will be imprisoned in Japan for 15 years, and then deciding to escape and entering the box to escape. I can’t write in detail because it will be spoilers. It’s like a Hollywood movie, but it’s all real.

The film also depicts Ghosn’s half-life as a successful man, while at the same time losing popularity from Ghosn’s dogmatic management skills. Ghosn closed his factory at Nissan in the late 90’s to curb overproduction, and while Nissan grew into a big company, the number of unemployed also increased. The line in the play, “If you are a CEO, there may have been a person who would let you know in advance if Nissan’s investigation into Ghosn came in, but there was no such person” shows dilution of Ghosn’s connections. While many Japanese companies attach great importance to “attribution,” Ghosn’s management-first thinking had begun to be disliked within Nissan.

The film also raises questions about Japan’s judicial system, which convicts suspects and detains them for long periods of time. Many people in Japan think that Ghosn was the “perpetrator” who caused damage to Nissan, but in countries other than Japan, Ghosn was involved in the conflict between the French government and Nissan. It is unusual to be arrested for building a private residence using the retirement allowance that he was supposed to receive. Detaining for a long period of time for unclear reasons is a definite violation of human rights. In November 2020, the United Nations Human Rights Council pointed out that Japan’s judicial system, which ignores human rights, was unjustified as an “arbitrary detention.” The Japanese prosecution should be aware that if the anachronistic judicial system is not changed, even if Ghosn is pursued, it will only be counterproductive because Ghosn will be treated as a hero from overseas.

I think the Ghosn expulsion case in 2018 is similar to the Shochiku Kazuyoshi Okuyama expulsion case in the 90’s. In Japan, in January 1994, there was an incident in which movie producer Okuyama was suddenly dismissed at Japanese movie company Shochiku. He is a talented producer who once produced Takeshi Kitano as a film director. However, one day Suddenly, he was dismissed from Shochiku because he “used too much of the company’s funds.”

In Japan, too much emphasis is placed on belonging, and talented employees tend to be dismissed. Japan is a very conservative and closed society. I’m familiar with it because I’ve lived in the United States, but this can’t be the case in other decent countries like the United States and France. Don’t you think Ghosn’s expulsion is very similar to this Okuyama’s expulsion?

Ghosn’s half-life, Nissan’s betrayal, and escape. The film also raises questions about Japan’s judicial system, which lags globally. Watching this thrilling movie, you can see how anachronistic the judicial system is in Japan.

“Carlos Ghosn: The Last Flight” IMDB:https://www.imdb.com/title/tt15048602/

(HIROKI)