本誌代表HIROKI、都内で災害発生時に所有するシェアオフィスを避難所として無償提供へ

本誌代表HIROKI

本誌代表HIROKIは10月9日(土)の編集作業において、都内で夜間に災害が発生した場合に品川区にある同氏所有のシェアオフィスを帰宅困難者に提供できるようにすることを本誌と提携関係にある「紅・勝ち組クラブ」武井誠治代表に伝えました。

これは10月8日夜に発生した東京での震度5強の地震を受けたもので、仮に夜間に災害発生時に鉄道がストップした場合、所有するシェアオフィスに帰宅困難者が宿泊できるよう警備会社と調整するとのことです。

8日夜に発生した地震では、JR山手線が運転を見合わせた影響で品川駅前や新橋駅前などに多数の帰宅困難者が溢れかえりました。

災害発生時に帰宅困難者にシェアオフィスを提供した場合、水道光熱費は利用者に一切求めないことも伝えています。

(大森克敏)