【独自】Google、ウクライナ情勢に関するバイデン政権批判記事を意図的に排除か?Google Eliminates Articles Criticizing Biden’s Administration on Ukraine【Found by STADYPLUS】

Googleがウクライナ情勢に関するバイデン政権を批判した記事のインデックス登録を拒否し続けていることが「STADYPLUS」の調査で明らかになりました。(STADYPLUS survey reveals that Google refused to index articles that criticized the Biden administration(Ukraine Situation Relations). The support base of this site, “Kurenai- Winners-Club,” is controversial, saying, “It’s like the information control of the Chinese Communist Party.”)

ウクライナ情勢に関する記事が登録拒否される Google refuses to register articles about the situation in Ukraine

Googleの検索システムではGoogleがインデックス登録をしたサイトのみを表示するシステムになっており、本サイトでは毎週日曜日の更新時にインデックス登録を申請しております。(Google’s search system is a system that displays only sites indexed by Google. Whenever this site is updated every Sunday, we apply to Google for indexing.)

本誌では今月16日にロシアがウクライナに侵攻したがる理由は何か。ウクライナ侵攻で世界の覇権はロシアに移る?【元大学教員の時事解説】という、ウクライナ情勢とバイデン政権の弱体化に関する記事を投稿致しました。この記事は今月26日にアップデートを行いましたが、その際に16日に申請したインデックス登録を拒否されていたことが判明しました。アップデート直後に再度インデックス登録を申請致しましたが、1月29日現在も下の画像のように登録を拒否される状態が続いております。(Articles that this site criticized the Biden administration on the 16th of this month have been refused indexing as of 1/29. Furthermore, it turned out that the article posted on the 12th of last month was also refused registration. The case that Google refused to index was discovered when STADYPLUS updated the article posted on the 16th of this month.)

1/28の再クロール時も登録を拒否 Registration was also refused on 1/28

インデックス登録用のクローラーは1/28に再度巡回しておりますが、特定ワードを含んでいるためこの日も登録を拒否されました。(The indexing crawler visited this site on 1/28, but was refused registration because it contained a specific word.)

その後同様に先月12日に民主主義サミットは無意味である理由を解説します【元大学教員の時事解説】というバイデン政権の欠点を解説した記事についてもURL検査で調査を行いましたが、こちらも現時点ではインデックス登録を拒否されていることが判明しました。

We haven’t checked noindex, which refuses to register the index.

Googleに確認してみた We asked Google why

幾度もインデックス登録が拒否されているため、Googleに確認を取りました。それによると、「法律に関する問題が含まれているものは登録しない」とあり、記事にあるバイデン政権の政策内容が規約に抵触している可能性が上がりました。(We checked with Google. Then, Google answered, “We will not register articles that contain problems in the law.” The article contains criticisms of the Biden administration’s policies, and it seems that registration has been refused for that reason.)

ウクライナ情勢とバイデン批判以外の記事はインデックス登録を確認 Indexed except for articles about the situation in Ukraine and the Biden administration

ウクライナ情勢とバイデン政権に関する記事の登録が拒否されている一方、原油価格高騰アメリカのワクチン接種率についての記事は登録がされています。(While articles about the situation in Ukraine and the Biden administration have been refused, articles about rising oil prices and falling vaccination rates have already been registered.)

この件について、ウクライナ情勢と関係する過去2本のバイデン政権批判記事が登録拒否されていることから、本誌では「ウクライナ情勢」「バイデン」「プーチン」というワードと他の禁忌ワードが関連しているため登録が拒否されていると推測しております。(The guess on this site is that the words “Ukraine Situation,” “Biden,” and “Putin” are related to other contraindicated words, and indexing is rejected. The reason is that the last two articles are related to the situation in Ukraine.)

「Googleは中国共産党のようだ」の声も Some say, “Google is like the Chinese Communist Party.”

なお、ウクライナ情勢とバイデン政権に関する以外の記事についてはインデックス登録されていることを既に確認しております。

こちらの記事はインデックス登録を拒否する「noindex」に指定しておりません。「STADYPLUS」支持母体「紅・勝ち組クラブ」会員様の中には「Googleが恣意的にインデックス登録を拒否している可能性がある」と疑いをかける会員様や、「中国共産党の情報統制と同じ」という声もあります。(All articles other than those that criticized the Biden administration were found to be indexed. Some members of STADYPLUS and its support base, “Kurenai-Winners-Club,” state that “Google is arbitrarily indexing” and “Seems like information control of the Chinese Communist Party”)

記事執筆者:武井誠治、大森克敏 Written by Masaharu Takei and Katsutoshi Omori