「紅・勝ち組クラブ」代表武井氏もマレーシアのMM2Hに苦言「この要件では集客できない」Takei(representative of “Kurenai-Winners-Club”), also complains to Malaysia’s MM2H “It would be difficult to attract customers from Japan in Malaysia under such visa acquisition conditions”

↑↑「紅・勝ち組クラブ」代表 武井誠治 (Masaharu Takei, the representative of the “Kurenai-Winners-Club,” )

日本国内に本拠を置く富裕層向け高級クラブ「紅・勝ち組クラブ」代表武井誠治は、先月28日に行われた「紅・勝ち組クラブ」会合で、マレーシアで今年10月から導入される予定の新しいビザ取得条件「MM2H」について、「このビザ取得条件ではマレーシアで日本人向けコンドミニアムを経営したとしても集客することは難しい」と苦言を呈しました。(Takei, the representative of the “Kurenai-Winners-Club,”(Club for the wealthy in Japan) complained, “Even if we run a condominium for Japanese in Malaysia, it will not be a business because the visa requirements are strict.”)

MM2Hはマレーシアで今年10月から導入予定の新しいビザ取得条件です。MM2Hは、月収100万円かつ定期預金2600万円を求める条件があり、武井氏はその条件ではマレーシアで日本から集客することは難しいという見解を示しました。(MM2H is a new visa acquisition condition that will be introduced in Malaysia from October this year. MM2H has a condition to require monthly income of 1 million yen(about $ 10,000)and time deposit of 26 million yen(about $ 260,000). Mr. Takei expressed the view that it would be difficult to attract customers from Japan in Malaysia under such visa acquisition conditions.

その上で、MM2Hが仮に予定通り適用されるのであれば、マレーシア以外の国でビジネスを行うことを発表しました。(After that, if MM2H is applied as planned, it announced that it will do business in countries other than Malaysia.)

「紅・勝ち組クラブ」ではコロナ後に総額8億円の観光ビジネスをマレーシアで行う予定でしたが、今年8月のMM2H発表後にクラブ内で批判が続出していました。(“Kurenai-Winners-Club” was planning to conduct a tourism business totaling 800million yen(about $8,000,000) in Malaysia after Corona, but criticism continued within the club after the announcement of MM2H in August this year.)

また、「STADYPLUS」代表HIROKIは8月17日にマレーシア政府に直接抗議文を通達していました。(On August 17, “STADY PLUS” representative HIROKI was protesting against the Malaysian government.)

(大森克敏・HIROKI)