オリンピックボランティアのグッズ紹介(Introducing Olympic volunteer goods)【Tokyo2020】

こんばんは。

7月にオリンピックボランティアとして参加した大森です

今日はオリンピックボランティアのグッズを紹介していきたいと思います

前回の記事で少し紹介しましたが、読者の方からもっと詳しく知りたいという方がいたので今日紹介します

(I’m Omori I worked as an Olympic volunteer in July.)

もらえたもの一覧(List of Olympic Volunteer Goods)

一部は過去の記事(【東京2020】オリンピックボランティア体験記)で既に紹介しましたが、改めて同じものも紹介です

・ユニフォーム上下(Uniforms)

・ショルダーバッグ(Shoulder bag)

・タンブラー(Tumbler)

・ソックス(Socks)

・シューズ(Shoes)

・手帳(Pocket book)

・マスク(Mask)

・帽子(Hat)

ユニフォーム(Uniforms)

では1つずつ紹介していきます。

ユニフォームはレッドとブルーがありボランティアはブルーでした。

ボランティアはブルーですが、組織委の方も同じユニフォームを着る方もいるのでボランティアか組織委か見分けがつきません(笑)

だから僕は最初耳に無線つけてるリーダーっぽい方に親切に案内して貰えたのでブルーを着てる人がリーダーだと勘違いして、同じブルーのユニ着てデスクで案内されている方に館内の質問をしたら「ごめんなさい委員の方に聞いてみます」と言われたので、どっちもブルーなんだと分かりました

パンツは切り離して半ズボンとしても使えるようになってます。便利ですね!

審判員は赤のユニフォームでしたが、開幕戦など特定の試合ではAOKIのジャケットを着ました。僕は元々開会式のボランティアでしたが無観客になり審判員に配るボランティアに配置転換されました。

(There are red and blue. I get blue one because I`m volunteer. Red uniform is for umpire. Pants can also be used as a semi-pants.

I did the job of distributing uniforms to the referees at Hotel Okura. Originally I was a volunteer at the opening ceremony, but I was reassigned because it was held without spectators.)

ショルダーバッグ (Shoulder bag)

このショルダーバッグ、小さいように見えますが中は意外と広いです

ボランティアとして必要なものは全て入りますw

さすがですね。オリンピックが終わっても近所に出かけるとき使えそうです

(The bag looks small, but the inside is wide. It could use even after the Olympic Games end.)

タンブラー (Tumbler)

ボランティアはドリンクが無料で配られたのでタンブラーは使いませんでした。

僕は使わないので嫁さんにあげました。

ホットを飲みたい嫁は「コールド専用って書いてあるけど」って言われてしまいました。冬に使う時も考えてホットでも使えたら良かったかもしれません

この前書くの忘れてましたが、嫁と一緒に開会式ボランティアやる予定だったんですが無観客になってから平日の違う日程に移動され仕事のため辞退しましたorz

ちなみに、高額納税者が多い「紅・勝ち組クラブ」会員様のなかでも9割近くが「無観客を不支持」と考えているそうですね・・僕も不支持に投票しました。

(Since the volunteers drink have been dealt, I did not use the tumbler. I gave it to my wife. The tumbler is cold only. Considering that it will be used in winter, I thought that cold-only is not good.)

こんだけ感染拡大するなら観客入れても良かったような・・・

ソックス(Socks)

このソックス、すごい涼しいんです!

夏はシューズが蒸れて不快感抜群なんですが、通気性が抜群なのでボランティアやってる間は助かりました

オリンピックが終わってもランニングに使えますよ♪

(The socks are made of cool material. It seems to be useful even after the Olympics.)

シューズ(Shoes)

先週の記事でも紹介しましたね。アシックス製シューズです

これは普通のシューズですね

注意点としては、ボランティアグッズは全て決められたサイズしか貰えないことですかね。大きめのサイズを選んだら一式がその大きめのサイズになったりしますので、サイズ選びは慎重に決めました。サイズは初回決めたら変更きかないので

(The shoes are made of ASICS. Shoes had to choose the same size as the uniform. So I chose the size carefully.)

手帳 (Pocket book)

ボランティア専用の手帳も貰えました。

この手帳はネットに写真を上げないよう言われたので「STADYPLUS」読者の方にのみ見せています

どんなことが書いてあるかと言いますと、ボランティア憲章(ボランティアがとるべき振る舞いが書いてました。生徒手帳みたいですねw)や、スケジュール、外人の対応の仕方などが書いてました

外人対応では、書いて消せるボードがあり字で意思疎通できるようになってました。無観客になったので使わなかったですがw

(Notebook is a volunteer-only. Notebook has become a rule that can not be published online.

The notebook contains volunteer rules, schedules, and how to deal with foreign tourists. For foreign tourists, there is also a whiteboard so that you can respond in writing.)

マスク(Mask)

マスクは洗って使えるやつでした

マスクはサイズを選べましたが、最初MにしたのですがMだとかなり小さかったです(多分レディース?)僕はLにしました

これも涼しいので夏は重宝しますよ。もういい加減夏にマスクは勘弁して欲しいですけどね

(Mask will be able to wash. It`s cool, so it comes in handy in summer.)

帽子(Hat)

帽子は普通の帽子です。特に涼しいとかありませんでした

予定だった開会式ボランティアなら屋外の観客誘導なので使えたかもしれませんが、無観客になって僕はホテルオークラの中で審判員にユニフォームを配布する仕事に回されたので帽子をかぶる機会がありませんでした

(Hat does not have a noteworthy thing. I didn’t use it because Tokyo2020 was held without spectators and was reassigned to the activities of Hotel Okura.)

読者の方にプレゼントです

手帳と帽子は嫁もいらないと言っているので欲しい方がいればTwitterまでDMくれれば対応します

※大森のツイッター:@hentaimimurasan

(大森克敏)

(translated by HIROKI)