時計レンタルサービス「レンタウォッチ」中国版が本日スタート 「行動制限で店に行けなくても家で高級時計を楽しめるサービスを提供する」とHIROKI代表がコメント

「STADYPLUS」広報大森です。

本誌と「紅・勝ち組クラブ」が共同運営する時計レンタルサービス「レンタウォッチ」が本日5月1日から中国でスタートしました。

これに先立ち、中国版「レンタウォッチ」代表HIROKIは4月29日に千葉県柏市で行われた説明会で「中国は現在ゼロコロナ政策で行動制限が厳しい状況ですが、僕がかつてマレーシア移住のために契約していた中国語ができるエージェントの方を通じて「どういうレンタルサービスを求めているか」聞いたところ、「高級時計をブティックで買いたくても行動制限のせいで買いに行けない」という話を現地の富裕層からオンラインでヒアリングを伺いました。また、ブライトリングやフランクミュラーのような並行差別のある時計は買う前に数か月試着してみたいというお話も伺いました。中国版「レンタウォッチ」は家に居ても高級時計を楽しめるサービスを提供します。ブティックに足を運ばなくても家で高級時計を楽しんでいただけたらと思います」とコメントしております。

中国版「レンタウォッチ」は今月から北京市内でスタートし、既に40人が利用登録を済ませ、希望された時計の発送が完了しております。

日本版は今年6月からスタート予定です。

「レンタウォッチ」詳細:https://stadyplus.com/rentawatch-info/

(大森克敏)