コロナ禍の小樽・札幌旅行記 その3(全3回)Traveled to Otaru and Sapporo in Hokkaido (part3)

 ※この記事は「コロナ禍の小樽・札幌旅行記 その2」の続きとなる記事です。前回の旅行記はhttps://stadyplus.com/sapporo-susukino/をご覧ください。

 3日目は1日かけて札幌市内を観光した。(The third day was sightseeing in Sapporo city over a period of 1 day.)

赤レンガ庁舎(Red brick government building)

 1888年に建設された、札幌の象徴的な建築物。館内は北海道の歴史を辿る博物館になっているが、筆者が訪れた日は残念ながら改装中で入れなかった。(This building was built in 1888. It is a symbolic building of Sapporo city. This building is a museum where you can learn about the history of Hokkaido. Unfortunately, the day we visited was under renovation.)

札幌市時計台(Clock tower)

 次は時計台。

 これも札幌を象徴する建物だが、小さいということでがっかりする人も多いという。

 だが、中に入ってみると、2階に大きな振り子時計が動いており、農学校としての歴史を感じられる。ボランティアの方がおり、その歴史の説明を受けることができる。

(This building is famous for its small size. However, when we go inside, we don’t feel the smallness. There is a pendulum clock on the 2nd floor, which makes regular sounds. Also, it`s a museum where you can learn about the history of Sapporo Agricultural College.)

JRタワー(JR tower)

 札幌駅に直結するJRタワーは、地上160mの高さにある展望台から、札幌市内を一望できる。

 また、ここではイートインスペースがあり、ビールを飲みながら景色を楽しむこともできる。テレビ塔よりも広く、高いので、市内を展望するならこっちの方がお勧めだ。

(JR Tower is a tall tower with a height of 160m. At the observatory of this tower, there is an eat-in space where you can enjoy the view of Sapporo city while drinking beer.)

↑嫁(my wife)

市電で札幌市内をぶらぶら(We got on the tram)

 札幌市内は市電が循環しており、数百円で市内を1周することができる。

 せっかくなので、市電に乗って市内を1周してみた。乗り遅れそうになると待ってくれるのも優しい。

(Streetcars circulate in Sapporo city. You can get on the streetcar for about 200 yen and go around the city. We almost missed the train, but the tram waited for us. Many Sapporo citizens are kind.)

スポーツバー「キングスター」(Sports bar “KING STAR”)

 1周した後、2日目夜に訪れたすすきの付近を観光。

 ここは「キングスター」というスポーツバー。W杯やファイターズ戦の時は盛り上がりそうだ。昼なのでクローズド。

 夜のすすきのの方が店が開いているので楽しかったが、昼間は昼間でまた違う顔を見せる街である。

(We got off the tram on the way and took a walk in Susukino. This is a sports bar called “King Star”. Susukino is a city at night, so many shops are closed during the day.)

昼食はラーメン「だるま軒」(Ramen shop “Daruma-ken”)

 だるま軒は、札幌ラーメンの元祖として有名なラーメン屋だ。

 ここのラーメンは麺が自家製で、醤油ラーメンだが透き通った味だ。だるまのゴツい顔とは裏腹に、マイルドな味を楽しめる。

(This is a very famous ramen shop in Sapporo. This is the original “Sapporo Ramen” shop. This is handmade noodles, and you can taste soy sauce ramen. Although it is soy sauce ramen, it has a mild taste.)

 

 著名人のサイン色紙も多くあり、様々な人たちから愛されていることが伺える。(Many celebrity signs were also displayed.)

札幌ドーム(Sapporo dome)

 市内観光が一段落した後、地下鉄で札幌ドームの最寄駅である福住駅へ。

 最寄駅と言えども、駅からドームまでが非常に遠かった。よく行く信濃町駅から神宮球場よりも距離があり、日本ハムファンは試合がある時はいつもこの距離を歩いているのかと思うと、感心してしまう。

(Sapporo Dome is the home ground of the Japanese professional baseball team “Hokkaido Nippon-Ham Fighters”. To get to Sapporo Dome, you need to take the subway to “Fukuzumi Station”. Also, if you change to a bus from that station, you can head to Hitsujigaoka Observation Hill. It’s very far.)

 

 球場内には、ファイターズやコンサドーレ札幌の展示があり、歩きながらその歴史を辿れるようになっている。(Inside the stadium, there was also a showroom where the history of the Fighters was introduced.)

さっぽろ羊ヶ丘展望台(Hitsujigaoka Observation Hill)

 さて、最後はあの有名なクラーク博士である。

 さっぽろ羊ヶ丘展望台では、クラーク博士の銅像の他に、北海道大学の飼育する羊の群れが草原を徘徊する。奥には札幌ドームが見え、福住駅からバスで展望台まで移動した。

(We change to a bus from Fukuzumi station, and we head to Hitsujigaoka Observation Hill. This is where the statue of Dr. Clark is. )

 コロナ禍とあって、この日は(2020年8月)人がまばら。外国人観光客がいた頃はもっと混んでいたらしい。

 広い草原を、羊の群れがのんびりしている。こんなのどかな雰囲気を味わいつつ、やがて飛行機の時間が近づいてきた。(There was a flock of sheep raised by Hokkaido University.)

 ちょうど、出口はクラーク博士が指す方向にある。(The exit is in the direction Dr. Clark points.)

帰路へ(We returned from New Chitose Airport)

 新千歳空港から飛行機で羽田空港へ帰った。

 札幌は生まれて初めて旅行したが、ジンギスカンやスープカレーなど、料理の美味しさを堪能することができた。

 農学校の展示にあったが、北海道の食事が美味しいのは、農学校にやって来た外国人教師たちが洋食文化を取り入れて北海道独自の料理を生み出したからという説明があり、明治時代に試行錯誤を繰り返して北海道料理の基礎を築いた食文化が、現代でも続いていることを感じた旅行だった。

(We went back by plane from New Chitose Airport to Haneda Airport. The New Chitose Airport lounge, we were able to admission in the benefits of the credit card. All-you-can-drink drinks in the lounge, as did alcohol. However, since it is before boarding the plane, drinking too much alcohol can be a big deal. The drinks in the lounge could not be taken home.

We felt that Hokkaido’s food is delicious because foreign teachers who came to agricultural schools in the Meiji era adopted Western food culture, and Hokkaido’s food contains such essence.)

(HIROKI)